夜になると目が悪くなるのはビタミンAの不足?ビタミンAの働きについて解説!

食事・栄養

今回の記事はビタミンAの効果やどんな食材に豊富に含まれているかについてを解説しています。ビタミンについて理解してボディメイクに役立てていきましょう!

1.ビタミンAとは?

ビタミンAは脂溶性ビタミンの1種で、水に溶けずに油脂に反応して溶けるビタミンのことです。

油脂に溶けた状態で体内に蓄えられますが、不足したり必要以上に摂取してしまうと欠乏症や過剰症を引き起こす可能性があるので注意しなければなりません。

※ビタミンやミネラルが引き起こす欠乏症や過剰症についてまとめた記事はこちら

2.ビタミンAの働きについて

次にビタミンAの効果についてです。

それは主に3つあります。

視覚機能を健康に保つ

目の網膜にあるロドプシンという光を感じるための物質の生成にはビタミンAが不可欠となっています。

皮膚や粘膜を健康に保つ

ビタミンAは喉や鼻などの粘膜を正常に保ち、細菌の感染や乾燥を防ぐ働きがあります。

活性酸素を取り除いてくれる

植物性食品に含まれているβ-カロテンは体内でビタミンAとなり、活性酸素の働きを抑えて取り除く抗酸化力があります。これは体内の老化を防いでくれたり、生活習慣病や発癌の予防にも効果があるとされています。

3.ビタミンAの過不足によるデメリット

ビタミンが不足してしまうことはもちろん良くないですが、摂り過ぎも人体に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。次はそれについて解説をしていきます。

ビタミンAが不足してしまうと、夜盲症になる危険性があります。夜盲症とは暗い場所で視力が著しく悪くなってしまう症状です。

他には、粘膜や皮膚が乾燥し、細菌に感染しやすくなることもあります。それが子どもの場合成長障害に繋がる危険性があります。

次に過剰摂取による過剰症についてですが、頭痛や吐き気、肝障害などを起こす可能性があります。

しかし普通の食事では過剰摂取になることはほとんどないので安心してください。

注意すべきはサプリメントでの過剰摂取となります。

4.ビタミンAの効率的な食べ方について

ビタミンAには動物性由来のものと植物性由来のものがあります。

動物性由来だとレチノール、植物性由来だとカロテンという成分で体内で働きます。

レチノールに関してはそのままでも体内で効率よく吸収されますが、カロテンは体内で吸収されにくく、調理法や一緒に調理する食品、食べる人の栄養状態などで吸収率が3%〜96%と大きく変わります。

なので植物由来のものは油脂とともに炒め物などで調理して食べるようにしましょう。

5.ビタミンAを多く含んでいる食品

次はビタミンAを多く含む食品について解説していきます。

肉類…鶏レバー、豚レバー

魚類…アンコウ(肝)、銀鱈

野菜類…しそ、モロヘイヤ、にんじん

このような食材が代表としてあげられます。

先ほど説明したように、野菜などに含まれるカロテン類は体内で吸収されにくくなっているので、油脂とともに調理して食べましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました